成功のポイント

失敗しないためにも学ぶべきポイント

 フランチャイズビジネスは、当サイトだけでも200を超えるブランドを検索できますが、あらゆる業界で展開しています。

 そのフランチャイズビジネスにおいて、当サイトが推奨する3つの成功ポイントについてお伝えします。

 

 その前にフランチャイズビジネスについて考えてみますが、私たちの身の回りでも、コンビニ、カフェ、学習塾、ハンバーガーなどフランチャイズ展開をしているブランドを見返る機会は多いのではないでしょうか。それだけ私たちの身近に存在し、日本経済を支えているのです。

 

 時々、「フランチャイズは本部ばかりが儲かって、加盟店は儲からない」という声を耳にします。しかし、それは本当でしょうか?

 もし加盟店が儲からないのであれば、倒産や廃業をして加盟店は世の中に殆どいなくなってしまいます。しかし、フランチャイズビジネスをしているブランドの殆どは直営店よりも加盟店の方が多いのが現状です。そもそも儲かっていても、「儲かっていない」というのが和を重んじる日本人の特徴なのではないでしょうか。

 

 とはいえ、加盟店の全てが儲かっているという訳ではありません。事業に失敗し、契約を解除する加盟店は数多く存在します。

 では失敗しないためにはどうすれば良いのか?それが3つの成功ポイントです。

 1.本部の理念や姿勢が合っている

 2.ビジネスモデルが成功しやすい

 3.加盟するビジネスが好き

 失敗しないための成功のポイントは、この3つの尽きると思います。

 これだけだと、どこでも見かけるような成功ポイントですし、内容が良く分からないと思いますので、それぞれについて詳しく説明していきたいと思います。

 

1.本部の理念や姿勢が合っている

 成功のポイント1である「本部の理念や姿勢が合っている」ですが、まずは本部が掲げる経営理念に共感できるかが重要です。

 経営理念は企業の存在理由であり、何かあった時の判断基準です。それに共感できなければそもそも、その本部とは合わない訳ですから、同じ業界の違う本部を見つけましょう。

 また経営理念とは名ばかりの本部もありますから、本気で理念を追及しているかを見極めましょう。

 

 そして成功のポイント1のもう一つのチェック項目が「本部の姿勢」です。

 本部の姿勢に関する項目は3つあります。

 1)三方よしという考え方を持っているか?

 2)サポート体制はしっかりしているか?

 3)情報の開示に前向きか?

 

 まず「1)三方よしという考え方を持っているか?」ですが、三方よしとは「近江商人が大切にしていた、売り手よし・買い手よし・世間よしという考え方」です。

 フランチャイズビジネスに置き換えれば、「本部よし・加盟店よし・世間よし」といったところでしょうか。

 本部だけが儲けようという本部があったとしても、それを見抜くのは難しいでしょう。おそらく本部も加盟店もWIN-WINで行きましょうという本部が多いかもしれません。

 しかし、そこで世間という視点を持っていない本部、おそらくは接するのは加盟開発担当者でしょうから、その加盟開発担当者から「世間よし」という思いを感じられなければ、三方よしという考え方が会社に根付いていない証拠です。

 世間よしという考えを持っていない本部は何かあった時に弱いです。助けてくれる方が誰もいないのですから。これが1つ目のチェック項目です。

 

 次に「2)サポート体制はしっかりしているか?」です。

 ここでいうサポート体制とは、もちろん本部のサポート体制のことですが、担当する加盟開発担当者だけではココが判断できません。もちろん、SV(スーパーバイザー)や教育研修のサポート体制について確認は必要ですが、それ以外にも物流面やブランド力を上げるためのマーケティング面など、サポート体制を確認すべきです。

 また本部によっては表彰制度などで加盟店の店舗運営をバックアップしたり、資金調達や物件探し、取引先の紹介など様々なサポートをしてくれる本部がありますから、確認しましょう。

 

 最後に「3)情報の開示に前向きか」ですが、ここでいう情報とは本部や加盟店の経営状況など、経営判断をするための情報の開示です。

 小売業と飲食業においては、中小小売商業振興法により法定開示書の提示が義務ですから、当たり前として、それ以外の業界でも提示しないのであれば、情報の開示に対して前向きとは言えません。

 また直営店やFC店の売上等の情報をどれだけ開示してくれるかも一つの要素です。収益モデルだけで済ませようとする本部は、実際にはそれほどの売上・利益を得られない可能性が高いです。失敗しないためにも、このあたりは積極的に開示を求めましょう。

 

 これら3つのチェックポイントを踏まえ、「本部の理念や姿勢が合っているか?」をチェックするのは、初めてフランチャイズに加盟を検討している法人様・個人様には不安でしょう。

 「事前に本部と交渉をしていない」などいくつかの条件に当てはまる場合は、プロである私どもが同行するなどしてアドバイスを差し上げることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

2.ビジネスモデルが成功しやすい

 成功のポイント2つ目は「ビジネスモデル」の確認です。

 フランチャイズに限らず、成功しやすいビジネスと失敗の可能性が高いビジネスがあります。当サイトでは下記の5つのチェックポイントを満たせば、成功しやすいビジネスだと判断することにしています。

 

1)業界NO.1である

未成熟な市場であれば別ですが、成熟や衰退している市場では近い将来、業界NO.1でなければ生き残れない時代になります。また業界NO.1だからこそ、ヒト・モノ・カネといった経営資源が集まってくるというメリットもあります。

2.少人数で運営できる

2017年4月の有効求人倍率はバブル期を超える1.48倍というニュースが飛び交いました。そんな時代に大人数で運営するというのは、リスクでしかありません。売上や利益が今までのビジネスの基準でしたが、場合によっては少人数であることを一番の選択肢にする時代が来るのかもしれません。

3.成長市場である

1では成熟・衰退している市場の話をしましたが、理想的なのはまだまだ伸びる成長市場で業界NO.1であることでしょう。仮に業界NO.1でなくても市場が成長しているのであれば、まだまだ参入余地がありますし、現状が業界NO,.1でなくても十分にチャンスがある市場と言うこともできます。

4.差別化点がある

競合他社など市場と競争しながらビジネスをする訳ですから、勝ち残れる差別化点を持ったビジネスの方が魅力的です。フランチャイズビジネスでは、独自の商品やサービスが差別化点というだけでなく、本部やサポート体制も差別化点になり得ます。

5.利益率(額)が高い

3ではいずれ少人数の方が優先順位が高くなるかもしれないとお伝えしましたが、とは言え、儲かることに越したことはありません。利益率や利益額が高ければ、回収期間も早くなり、危機が訪れても適切な対処ができます。

3.加盟するビジネスが好き

 成功のポイント3つ目が好きかどうかなんて、何を理想論的な話をしているのだと思われる方もいるかもしれませんが、これからの時代、今まで以上に重要です。その理由は3つあります。

 

1.判断できない

 フランチャイズに初めて加盟する時もそうでない時も、「本当に加盟して良いのだろうか?」という判断は難しいものです。

 初めて参入する業界にせよ、好きという気持ちがあれば、「儲かるか」や「簡単そうか」などといった視点に立たず「正しいか正しくないか」という視点で判断できます。

 好きという思いが騙されず、正しい視点で判断するための武器の一つになるのです。

2.人があつまらない・辞めていく

 ただでさえ、人材採用難な時代において、経営者がそのビジネスを好きでないのに募集をして「一緒に働こう」と言っても、一緒に働こうと思い方はいないでしょう。

 仮に時給や給与の高さを餌に採用しても、いずれその方は辞めてしまいます。なぜならお金という欲望に対応するのには限界があるからです。

 そのビジネスが好きで一緒にやろうという思いを伝えなければ、採用するのは難しい時代に益々なっていきます。

3.本気になれない

 ご自身でお店に立つにせよ、オーナーとして店長に任せるにせよ、そのビジネスが好きでなければ本気になれません。

 できない理由を並べて本部に文句を言ったり、諦めて店を閉じてしまうというのが関の山でしょう。「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるとおり、未知の業界に、フランチャイズに加盟して参入するのであれば、経験の無さを「好きという思い」でカバーすることができます。

 

 本部と加盟店は別々の経営母体です。自分の身は自分で守るためにも、好きなビジネスかどうかを判断材料の一つに入れることが、フランチャイズビジネスにおいて失敗せずに成功するためのポイントなのです。

フランチャイズへの加盟相談

 当サイトでは、法人様に限定し、フランチャイズへの加盟相談を行っております。

 当ページで成功のポイントを読んだ上で、不安のある企業様はお気軽にお問合せください。

「フランチャイズ検索ドットコム」へのお問合せ

フランチャイズ検索ドットコムの問合せ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3431-2829

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)