保証金とは

フランチャイズの保証金とは

フランチャイズの保証金とは

保証金とは加盟保証金のことで、「加盟する際にフランチャイズ本部から徴収される金銭の1つで、加盟に関する債務としての預かり金のこと」です。

賃貸の保証金とは似て非なるものです。

 

この時、預かり金は一般的に無利息で預かります。こちらもフランチャイズ契約における代表的なイニシャルフィー(ただし預かり金です)の一つです。

(保証金の根拠については下記「その根拠について」参照)

時々、他のフランチャイズ契約書を参考にし、上記のような対価としながら、保証金が著しく低いもしくはそもそも保証金を貰わないブランドもありますが、もし債務を負うのであれば、そのフランチャイズ本部が無知もしくは大きなリスクを無意味に負っているだけと言えます。

 

フランチャイズ本部が保証金の所有権を所得していて、契約解除時、担保の必要がなくなると本部から返金されます。

減額されるのは、「本部から購入した商品・サービスの代金を払わない」「撤退時に看板や内装などを撤去しない」などのトラブル時で、残った分は返金されます。これはフランチャイズ本部と加盟店との間にある債権債務を清算した後に返金されると言い換えることもできます。

店舗を運営していて、資金不足で保証金の返還を求めても、その性質からフランチャイズ契約終了後のフランチャイジーの措置が全て完了した後でなければ返還されないと考えましょう。

 

【フランチャイズ契約書の保証金の条文例(一部のみ記載)】

1.フランチャイジーは、加盟契約提携日に、フランチャイザーに対して、フランチャイジーが本契約及び寒冷契約に基づきフランチャイザーに対して負担する一切の債務を担保するために、加盟保証金として金〇〇円を預託するものとする。

2.フランチャイザーは、加盟保証金を無利息で預かるものとする。


【保証金の税務上の取扱い】

加盟保証金の税務上の取扱いについてですが、フランチャイズ本部にとっては預かり保証金、加盟店にとっては差入保証金といった勘定科目が妥当でしょうか。ですので、加盟店にとっては損金算入せず、資産計上することになります。

その根拠について

フランチャイズの保証金の根拠

フランチャイズの保証金の根拠

保証金については、上記でも記載したとおり「加盟に関する債務としての預かり金のこと」です。

 

債務の内容はフランチャイズによって異なります。

例えば飲食店の場合、加盟店はフランチャイズ本部にまとめて発注することがあります。

フランチャイズ本部は、その注文内容を自社もしくは各業者に指示し、店舗に届けます。

この発注分は毎月締めて、1ヶ月分を請求するのであれば、フランチャイズ本部は各加盟店の発注分の債務を負ったことになります。

もし加盟店が支払わなければ、各業者はフランチャイズ本部に請求することでしょう。

 

そのような時は保証金で充当するということができるよう、債務分を事前に預かるというのが保証金の根拠です。

一般的な店舗売上から、発注量を予想し、その1ヶ月半にあたる金額を保証金にするというのが根拠に当たります。

 

また看板や内装については、加盟契約終了後、加盟店の負担で撤去することになりますが、その対価としてというようなケースは、その費用が保証金の根拠になります。

その他の業態についても、債権が発生する場合はその金額相当を保証金とし、債権の計算を根拠とすれば、それが保証金の根拠となります。

 

保証金の金額や根拠設定でお悩みのフランチャイズ本部様、保証金の妥当性や根拠について疑問を持つ加盟希望者様は、下記のお問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

「フランチャイズ検索ドットコム」へのお問合せ

フランチャイズ検索ドットコムの問合せ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3431-2829

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)