カフェのフランチャイズ

カフェを含む飲食市場規模:約25兆円※1

フランチャイズ加盟のポイントは当ページの最下部に記載しています

【掲載業態数:17ブランド(2017年1月末時点)】

「業態別FC」のページでは、「ブランド名」「初期投資額(加盟金)」「連絡先」「別ブランド」の4項目を記載しています。「初期投資額」は物件取得費を除いた金額(その他の条件は異なる場合があります。詳しくは各社ホームページをご確認ください)で統一しています。また「別ブランド」ではそのブランドの運営会社が、他に展開している同業態の別ブランド(コーポレートサイトで加盟募集しているもののみ)を記載しています。

なお記載内容は各ブランドの運営会社のホームページ(フランチャイズ募集のページ)に記載してある内容を抜粋しています。ホームページに記載の無いものやフランチャイズ本部から修正が入ったものは、フランチャイズ本部からの回答どおりに記載しています。(2017年1月末時点)

 

掲載の順番については、オススメの業態を除き、基本的には50音順です。

またフランチャイズ本部からの依頼で詳細ページを用意したブランドについては、「詳細はこちら」をクリックすると、より詳細な情報※2を記載していますので、 そちらもご覧ください。

 ※1.日本フードサービス協会ホームページより2015年度の外食市場規模。

   うち4兆円はフランチャイズ市場と言われています。

 ※2.詳細情報があるブランドはブランド名の前に★がついています。

イタリアン・トマト カフェジュニア

初期投資額(加盟金)  3800万円(250万円)            
連絡先 03-6712-9253

上島珈琲店

初期投資額(加盟金)

未掲載(300万円)

連絡先 03-5400-5581
別ブランド

珈琲館                 

カフェ&バー プロント

初期投資額(加盟金)  5025万円(300万円)
連絡先 03-6718-6530
別ブランド

カフェソラーレ、ディプント       

カフェ・ド・クリエ

初期投資額   未掲載(300万円)      
連絡先 未掲載

珈琲所 コメダ珈琲店

初期投資額   未掲載(300万円)
連絡先

東日本:03-6450-5505

中京・関西:06-4862-7803 

九州:092-292-5233

別ブランド

甘味喫茶 おかげ庵

珈琲屋らんぷ

初期投資額   未掲載(100万円)
連絡先

0587-81-7739      

サンマルクカフェ

  現在、フランチャイズ募集をしていません

さかい珈琲

初期投資額   未掲載
連絡先

東日本:03-5812-6841

西日本:058-389-0101   

セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ

 初期投資額  未掲載(300万円)     
連絡先

未掲載     

タリーズコーヒー

初期投資額  未掲載         
連絡先

未掲載     

ドトールコーヒーショップ

初期投資額   未掲載(150万円)
連絡先

0120-88-1255      

ブルーカップコーヒー

初期投資額   約750万円(100万円)    
連絡先

0557-85-5511

BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)

初期投資額   1250万円(200万円)    
連絡先

03-5342-2345

星乃珈琲店

初期投資額  未掲載      
連絡先

03-5456-0143      

マザーリーフ

初期投資額  未掲載
連絡先

03-5487-7357      

ミヤマ珈琲

初期投資額 未掲載         
連絡先

03-5342-0881

元町珈琲

初期投資額 未掲載(500万円)      
連絡先

未掲載

上記に掲載されていないカフェのフランチャイズにつきましては、情報を募集しています。

カフェFC加盟のポイント

カフェのフランチャイズ

カフェFC加盟のポイント

セルフサービス中心のカフェ業界は、フルサービス型の店舗が増え始め、近年ではサードウェーブコーヒーのような、カフェチェーン店とは真逆の考え方のカフェが増えてきました。

カフェ業界へのフランチャイズ加盟を検討する際には、下記の3つのポイントをチェックしましょう。

 

1.カフェFC物件

駅前や商業施設での出店は難しくなっていますが、カフェのタイプにあった物件で出店できるかが、フランチャイズ選びの最も大きなポイントです。

2.カフェFC商品開発力

SNSの普及により、魅せる商品を持つカフェは売上が順調です。珈琲だけでなく、魅力的なフードメニューをどれだけ開発できるかが、フランチャイズでも重要です。

3.カフェFC教育力

セルフサービスのカフェでは効率性が重視されますし、フルサービスのカフェでは接客が必要になります。どれだけ教育できるフランチャイズ本部かを見極める必要があります。

 

カフェのフランチャイズ ブランドへの加盟については上記の他に、私どもが提唱しているフランチャイズで成功する5つの要素(①業界ナンバーワンである、②少人数で運営できる、③成長市場である、④差別化点がある、⑤利益率が高い)を満たすかどうかも併せて検討すると良いでしょう。

当ページに掲載している各カフェ ブランドをチェックする際の参考になれば幸いです。

 

【参考】日本のカフェの歴史

日本で初めてのカフェは1888年開業の東京・上野にあった【可否茶館】と言われており、開店した4月13日は喫茶の日とされています。

 

【参考】カフェ業界についての追記

矢野経済研究所の外食産業マーケティング総覧によると2012年のカフェ市場規模は1.4兆円でした。

更に、帝国データバンクが2014年2月末に発表した「喫茶店経営業者1097社の経営実態調査」によりますと2012年度の売上高合計は前年度比4.3%増の5076億7300万円でした。

 

カフェのフランチャイズについてのお問合せは下記よりお願いします。

「フランチャイズ検索ドットコム」へのお問合せ

フランチャイズ検索ドットコムの問合せ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3431-2829

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)